千葉の葬儀における告別式の流れ

千葉の葬儀を考えてみる

千葉の葬儀において告別式では、弔電の読み上げ、供花を入れて最後のお別れをし、喪主の謝辞、そして出棺という流れになります。

新着おすすめ記事

千葉の葬儀における告別式の流れ

千葉の葬儀の多くは、まずは通夜式、そして翌日に告別式が行われます。

告別式が故人との最後の別れとなるものなのですが、どの様な流れで行われるのでしょうか?

祭壇や供花などは通夜式のままになっているので、通夜式の様な大きな準備はありません。

確認することは弔電で、告別式にて弔電を読む場合、どなたの弔電を読むかということを遺族と確認します。

準備が整い次第、会葬者の受付を行い、通夜と同様に会葬をしていただきます。

遺族は告別式において、正式喪服にてのぞみ、喪主から、故人と血縁の近い人から順に座って行きます。

一般の会葬者の方においても縁の深い方から順に近い場所に座っていただきます。

全ての会葬者が着席すると、葬儀社のスタッフである司会者が進行をして、導師の入堂、遺族、親族、会葬者が順に線香をあげて御参りをします。

お焼香が済むと、棺のふたが開けられて、故人のまわりに供花を入れてあげながら、最後のお別れをするというのが一般的です。

すべての方のお別れが終わると、棺のふたは閉められ、喪主の挨拶となります。

そして棺を乗せた霊柩車はクラクションを鳴らしながら出棺となり、会葬者はここで最後のお見送りをし、遺族、親族はそのまま火葬場へと移動し、告別式は終了となります。

火葬場では火葬をして、骨上げ、そして最近ではそのまま初七日を行う場合があります。

千葉の葬儀において告別式では、弔電の読み上げ、供花を入れて最後のお別れをし、喪主の謝辞、そして出棺という流れになります。