千葉の地域それぞれの葬儀

千葉の葬儀を考えてみる

千葉には、都市化が進み、葬儀も都市化、合理化している地域や、古くからの仕来りが守られて葬儀が行われている地域もあります。

新着おすすめ記事

千葉の地域それぞれの葬儀

千葉といえば、思いつくことはどんなことでしょうか?

ディズニーランドがある浦安、オフィスビルが建ち並ぶ幕張、茨城に隣接している我孫子、海に面している木更津や安房、鴨川、東京に隣接している市川、松戸、埼玉に隣接している野田など、ざっと挙げてみるだけでも、様々な地域があることがわかります。

また、乗り入れている電車や盛んな産業、新興住宅地などもたくさんありますよね。

千葉は地図から見てもわかる様に、東京に近い地域もあり、また、新興住宅地が建ち並び、若い家族が住んでいる様な地域もあります。

そのため葬儀の都市化も進んでいて、地元のしきたりなどが残されているところは少なくなってきています。

それに伴い、葬儀の内容や進行も合理化されつつあります。

しかし、房総地域、下総地域などの農村など古くから住んでいる人が多く集まるところでは、葬儀をする時に近所の人が協力しあうなどの昔からの葬儀が変わらずにあります。

千葉の昔からの形式で最も特長が強いのは火葬についてで、一般的には後火葬を行う地域が多いですが、一部の地域では前火葬という通夜式の前に火葬をするところもあります。

その他、夜伽といって故人の側で寝ずの番をしたり、長寿銭といって80歳を越えた人が亡くなった場合に大往生を遂げたとしてお祝いのお金を配るというしきたりがあります。

千葉には、都市化が進み、葬儀も都市化、合理化している地域や、古くからのしきたりが守られて葬儀が行われている地域があります。