千葉の葬儀における通夜式の流れ

千葉の葬儀を考えてみる

千葉の葬儀において、葬儀社が祭壇や供花など式場の飾りや設置、会葬御礼の準備を行い、定刻になったら通夜式が始まります。

新着おすすめ記事

千葉の葬儀における通夜式の流れ

千葉の葬儀の多くは通夜式が行われ、そして告別式が行われます。

通夜式はどの様なことをするのでしょうか?

通夜式というのは、告別式の前日の夜に遺族、親族、故人と近しい人が集まり、御参りをする儀式です。

ご遺体の側に飾られたろうそくとお線香の火を絶やさない様にして、故人を守り、そして側で偲んで思い出を語り合ったりする夜となります。

※参考ページ⇒葬儀と通夜の違い~葬儀と通夜の違いを簡単解説

しかし、最近の葬儀の傾向として、通夜式でも弔問客をお迎えして法要を行うのが一般的になっています。

法要の後には通夜振る舞いといって、お料理や飲物をお出しして接待をします。

時間的にはおよそ一時間から二時間程度で半通夜とも言われています。

葬儀社は通夜式の式場の準備として祭壇飾りや受付場、通夜振る舞い会場などの設置を行います。

また遺体については棺に安置します。

供花とは祭壇の周りに飾られる花となりますが、その多くは通夜前に斎場に届けられる様に手配されており、贈られた人の名前が書かれた札が入ります。

供花の配列については故人の遺族、親族、親友や上司などゆかりのある人ほど棺の側に設置されるなど配列が遺族と共に行われます。

会葬御礼として弔問客や会葬者にお渡しする礼状や返礼品については、葬儀社が必要な数量分を用意します。

通夜式の定刻になったら、受付を始めて通夜式が営まれます。

千葉の葬儀において、葬儀社が祭壇や供花など式場の飾りや設置、会葬御礼の準備を行い、定刻になったら通夜式が始まります。